<< 生徒の作品が映画館で・・・。 | main | 木更津に行って来ました。 >>

スポンサーサイト

  • 2008.02.26 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


『ジャーマン(German)+雨』をみましょう!


ENBUゼミの上映会で渋谷にある映画館Q-AXにいくと、ゼミの卒業生が主演している映画のチラシをみつけました。

タイトルは『ジャーマン(German)+雨』(監督:横浜聡子)で、主演がその野嵜好美(チラシの人です)さんです。

16才で天涯孤独のよし子(植木職人の見習い)が、田舎町で“地べたを這って生きているような人たちを相手に、自らさらに地べたを這って世界に触れるべくダイブする。ユーモア感溢れる、なんだか泣いてもしまう物語”(ここは筆者がチラシをみて勝手に想像して書いてます)、です。

僕が大好きなリトルモア社長の孫家邦さんが「心がゆさぶられた。横浜(監督)、配給させてくれたありがとう」とコメントしているのもうれしいですね。宣伝文で、(前略)個人のトラウマを描いて涙する昨今の日本映画を笑い飛ばし、ついに“内向しない日本映画”誕生。というのもみてみたくなります。

ちなみに、野嵜さんはゼミの授業で山下敦弘監督(映画『天然コケッコー』の監督です)がつくった『道』という映画に主演していてとても好評でした。

[写真]
『ジャーマン(German)+雨』チラシ
渋谷ユーロスペースで12月上旬よりレイトショー
写真は今人気の梅佳代さんが撮っています。

スポンサーサイト

  • 2008.02.26 Tuesday
  • -
  • 11:54
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
sponsored links
selected entries
archives
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM